「まずは戸を閉じて」

 

   ずいぶん時代が変わった。単に新しい年になったとか、元号が変わったということではない。ほんの少しの世代に違いで、知っていることと知らないことが分かれる。近頃は、Eメールさえも古くなり、使わない世代が出てきているという。そんな時代なので、切手を舐めたことがない若者がいても不思議ではない。公衆電話などは使ったことがなく、ましてや、ダイアル式の黒電話などは、博物館の品と思われている。時代は変わっていくのだ。

 さて、その公衆電話の話しをひとつ。とある国を旅していたある人が、知人に電話をしようとして公衆電話のボックスに入った。自分の国のそれとは少し様子が違う。しかも、夜で暗くおまけに電気も点かないので、電話の使い方もわからない。四苦八苦していると、そこに親切な人がやって来て「どうしたのですか」と尋ねてくれた。困っている様子を伝えると、その人は一言「まずは、戸をしっかり閉じたらいいんですよ。そうすれば、灯りがついて電話ができますから」と。果たしてその通りで、開けっ放しにしていたドアを閉じてみた。それで事なきを得たそうだ。今の世代にはわからない、昔話…。

   しかし、いつの時代にも通じること。特にさわがしき世に生きる我々は、時に、まずはしっかり戸を閉じて、神と一対一になり、静まり、祈り、その心に語り掛けている神の声に耳を傾ける必要がある。まずは、戸を閉じてみる。これ、どうやら天へのホットラインもそうらしい。(参・新約聖書マタイ6章5~6節)

 

2020年1月22日

Cross Place
クロスプレイス
 

〒579-8046 大阪府東大阪市昭和町22‐12

HSKビル4F

TEL&FAX 072-983-6868

Email :  crossplace0416@gmail.com

Website :  https://www.crossplace0416.com

 

Write Us

  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© Cross Place   2017